明石市・朝霧駅近くの動物病院『かもめペットクリニック』です。犬、猫を中心に予防診療、各種検査・手術、循環器疾患の治療、しつけ、問題行動のカウンセリング、健康診断等、わかりやすい説明と丁寧な治療を心掛け対応いたします。

心疾患治療

ワンちゃんに多い心疾患、ネコちゃんに多い心疾患

動物も高齢化が進み、心臓病の子が増えています。
基本的に心疾患は完治する病気ではなく、進行を抑えて維持していく対症療法がメインとなります。
しかし、初期段階から投薬治療を行うと寿命を伸びる事が確認されており、いかに早期に発見できるかが重要となります。該当する症状がある場合や気になる点がありましたら、ご相談ください。
当院では聴診、エックス線、超音波エコーなどを用いて総合的に診断させていただきます。

こんな症状ありませんか?

  • すぐ息切れをする
  • 咳をする
  • なんとなく元気がない
  • 舌の色が白い、又は紫色(特に興奮時)
  • 手や肢の先が冷たい
  • 散歩の距離が短くなった
  • 発作をおこす
心疾患の症状イメージ

心臓の構造

心臓の構造イメージ心臓は筋肉で出来た袋状の器官で、4つのお部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)に分かれています。
全身に血液を送るポンプの役割をしています。
また4つのお部屋は弁という仕切りで区切られており、逆流しないように栓をしてくれています。

犬に多い心疾患

僧帽弁閉鎖不全症(MR)

僧帽弁閉鎖不全症イメージ犬で最も多い心臓病の一つです。シニアのワンちゃんに多い傾向があります。
左側の左心房(上)と左心室(下)を隔てているのが僧帽弁で、この僧帽弁に異常が生じると血液を全身に送る際に、血液の逆流が起こり雑音となって聴取されます。
心臓に負荷がかかるので心臓の大きさも拡大し、気管を圧迫して咳が出たり酸素不足になりやすい状況になります。
また逆流が悪化すると肺の血圧が上がり、肺に水が溜まる肺水腫という状況になります。
肺水腫等、僧帽弁閉鎖不全が進行すると失神や粘膜(歯茎や舌)が紫色になるチアノーゼという重度の循環不全に陥り、本人もかなり苦しい状態となる為、悪化する前にお薬で進行を食い止めてあげる必要があります。

好発犬種

  • キャバリア、マルチーズ、シーズー等の小型犬

猫に多い心疾患

肥大型心筋症(MR)

肥大型心筋症イメージ肥大型心筋症は猫ちゃんに最も多い心臓病で、心臓の筋肉が内側向かって分厚くなる為、全身に十分な血液を送れなくなる病気です。
発症の原因は不明ですが、遺伝的な素因も関与していると言われています。
初期は無症状の事が多く、進行しないと気付けない場合もあります。その為気付いた時にはかなり進行している事も多く、定期健診が重要になります。
また血液の流れが悪くなると、血管や心臓内で血液が固まり血栓が出来てしまいます。
肥大型心筋症は他の心臓病よりも血栓が出来るリスクが高い為、急に後ろ足が動かないなどの症状が出た場合は塞栓症が疑われます。
血栓を溶かす治療もありますが根治は難しく、突然死のリスクも高い心臓病といえます。

好発猫種

  • アメリカンショートヘアー、スコティッシュフォールドなど

心疾患の治療

投薬治療

  • 心臓の収縮力や血圧をコントロールするお薬
  • 血栓を溶かすお薬

心疾患は、初期の場合は飼い主様も気付けない事が多い為、動物病院で定期的にチェックする事をおすすめします。

クリニック情報Clinic Information

診療時間
午前診 9:00~12:30
午後診 16:30~19:00

※午後診最終受付…18:30

休診日水曜午後、木曜、日曜午後、祝日

お気軽にお問い合わせください

078-912-0099

〒673-0870 兵庫県明石市朝霧南町2丁目232 橋本ビル1F

JR線「朝霧」駅より 徒歩約4分

駐車場有り(3台分)
4番・5番・8番をご利用ください申し訳ありませんが、駐車場が満車の場合は近隣のコインパーキングをご使用ください。

PAGETOP
Copyright © 2020 かもめペットクリニック All Rights Reserved.
予約優先制 078-912-0099 予約優先制 078-912-0099 ページ上部